食事の影響はなし

上半身

食事の後

EDの症状を緩和させたいシーンと言えば、大抵の人が夜だと応えるでしょう。デートの後にも一緒に過ごしたい女性がいるなら、薬で食事の影響が出るのは避けたいところ。
しかし、これまでED治療薬の代名詞とも言われてきたバイアグラは、その食事の影響を大いに受けてしまいます。できることなら、服用前の食事と飲酒を受けたくないですね。そんな人の為に誕生したレビトラとシアリスは、そのどちらからも影響をあまり受けません。過度のアルコール摂取は危険ですが、デート後にも安心して服用できるでしょう。

お酒を交わしても大丈夫

夜のデートのときに大好きなお酒を飲みたい、という人でも大丈夫。先に伝えたように、レビトラやシアリスはお酒の影響を受けません。しかし、それは100%というわけではありません。
どんな薬にしても、服用前の過度のアルコール摂取によって、本来もたらすはずの効果が一切出ないことだってあるのです。EDではない男性でも、過度のアルコールによって一時的に勃起不全になることがあるので気をつけましょう。

服用しやすさ

一般的にシアリスやレビトラなど、ED治療薬は20ミリグラムの錠剤を複数処方されます。効果を高める為に、服用時にはお茶やスポーツドリンクを避けて、水かぬるま湯で飲みましょう。効果が出るまでの時間を知り、タイミングよく服用するなら逆計算してみること。

効果持続時間の長さ

シアリスは圧倒的に効果の持続時間が長いです。その効果は長いときで、何と36時間以上続きます。デート後の夜だけではなく、翌日まで好きな時間を楽しめちゃいますね。
バイアグラやレビトラだと効果持続時間が限られているので、服用するタイミングがずれてしまったら、お楽しみの時間までずれこんでしまいます。その点、シアリスにはその心配は一切なし。

お泊りデートにもおすすめ

長時間、嬉しい効果を持続させるシアリスは宿泊込みのデートにも役立ちますね。体に差し支えることがなければ、シーンに応じて治療薬を使い分けることもありです。

広告募集中